• トップ /
  • 定期歯科検診でむし歯とオサラバ

LINEで送る

虫歯がなくても歯科に行く!?

歯

歯科と言えば虫歯になったときにお世話になるところ、というイメージをお持ちの方が多いと思います。しかし最近では虫歯がなくても定期検診のために歯科に行く「予防歯科」が主流となりつつあります。予防歯科とは、名前の通り虫歯になるのを予防するために歯科に行くことです。歯科にもよりますが、子供なら約3か月に1回、大人なら約半年に1回のペースで定期検診してもらいます。磨き残しの多い場所や、歯石除去、歯間清掃等の処置をしてもらい、口腔内の健康をチェックしてもらいます。子供はフッ素を塗布してもらうことが多いです。定期検診を受けていれば、もし虫歯になった場合に早い段階で異変に気付いてもらえます。早期発見の治療であれば、治療にかかる日数も少なくなるので、身体はもちろん経済的にも負担が少なく済みます。歯科=怖いというイメージがあるかもしれません。けれどもそれは大きく口を開けて、歯を削って虫歯を治療することによる負担からの恐怖ではないでしょうか?虫歯になる前に通う習慣があれば、怖がることなく通院でき、虫歯のない生活が送ることができます。定期的に口腔内がさっぱりするので気分もリフレッシュします。皆さんも予防歯科で快適な日常生活を送りましょう。

 

↑PAGE TOP