• トップ /
  • 歯科で予防歯科をするメリット

LINEで送る

歯科に行くのは早いうちから

歯

最近の歯医者では、小さい子供に「予防歯科」を勧める歯科が増えています。小さい頃から歯医者に行くことで歯科になれさせるメリットもありますし、なにより予防歯科の役割はとても大切なのです。ちなみに早い人では1歳児や2歳児、つまり前歯が生えてきたら子供を歯科に連れて行っています。その際に行う治療というのは、「フッ素コート」を行います。これは子供の歯に汚れが付きにくいようにする治療方法で、わずか数分で終わる治療です。このわずか数分の治療を定期的に行うことで、子供が虫歯になりにくくなる役割があるのです。また親御さんは、その時に歯科で正しい子供の歯の磨き方も習うことが出来ます。ちなみにこの予防歯科を受けるのは、理想は半年に一度の程度で、このフッ素コートと合わせて、歯の磨き方の指導を受けるとよいでしょう。定期的に歯科に通うことで、その子供に合わせた歯の磨き方も分かるし、虫歯のチェックや正しい歯並びなのかも分かるのです。そして万が一虫歯になっていても、早く発見することで、治療期間も短くなるメリットがあります。このように子供だからこそ、予防歯科の役割が大切なのです。そして定期的に行うことで、虫歯になりにくい歯を作ることが出来るのです。

 

↑PAGE TOP